• 会員登録
  • 新商品

CC-USB271-CPSN4

モジュール式 USB I/Oユニット(4スロット)

製品コード:
LRLB85
JANコード:
4993973115733
販売価格 :
33,440 円(税込)

アカデミック対象商品

本製品は、Windows PCのUSBポートに添付USBケーブル(USB 3.2 Gen1 Type-A → Type-C)を接続して使用する小型のモジュール式USB I/Oユニットです。EthernetベースのリモートI/O「CONPROSYSⓇ nanoシリーズ (発売中)」の多彩で低価格な信号入出力用I/Oモジュールが4枚まで使用できます。
1つのエンドポイントに異なる操作回路やセンサがあり全体のI/O点数が少ない場合、正味の信号入出力点数のI/Oモジュールを組み合わせてI/Oユニットを構成できるため、従来のUSB I/O ユニットに比べてコストを抑えることができます。
本製品は、Windows PCからUSBケーブルで電源供給が可能です。消費電力がUSBバスパワーで供給可能な電力を超える場合にはLEDの点滅でお知らせする安全設計です。
在庫:
10個
数量:

特長

柔軟なモジュール式で無駄なくユニットを構成

CONPROSYS® nano シリーズの多彩で低価格なI/Oモジュール(デジタル、アナログ、リレー、カウンタなど)を最大4枚まで増設することができます。工具などを用いることなく、I/Oモジュールを容易に取り外すことができます。

USBバスパワー駆動によりACアダプタが不要

ユニットのUSB Type-Cポートは、最大15Wまでの大容量USB受電に対応します。
Windows PC のUSB2.0 Type-Aポート接続の場合には2.5W(5V 500mA)、USB3.0 Type-Aポート接続では4.5W、USB Type-Cポート接続の場合は、市販のUSBケーブル(Type-C → Type-C)を利用することで最大15Wの電力供給を受けることができます。

USB電力不足判定機能による誤動作防止

ユニットの消費電力が、接続しているUSBポートの供給電力を超える場合に、ERR LEDの点滅で警告し、 ユニットの起動を停止するUSB電力不足判定機能を備えています。動作中のUSB供給電力不足による誤動作を防止するとともに、接続しているUSBポートからの仕様以上の電流を引き出す過電流を防止します。

コンパクト設計

110mm(W) × 74.8mm (D) × 95mm (H)というコンパクト設計で設置場所を選びません。DINレールへワンタッチでの取り付けも可能です。

Windows版ドライバソフトウェアに対応

API関数(DLL)形式で提供するWindows版ドライバソフトウェアを使用したアプリケーションが作成できます。さらに、診断プログラムを提供していますので、ソフトウェア、ハードウェアが正常に動作しているか容易に確認ができます。人気のプログラミング言語Pythonにも対応しています。

その他のオススメ商品

CPSN-AI-1208LI

アナログ入力(8ch、12bit)

販売価格 : 10,241 円(税込)

CPSN-DI-08BL

デジタル入力(8ch、内部電源)

販売価格 : 7,106 円(税込)

CPSN-CNT-3201I

nanoシリーズカウンタ入力(1ch, 32bit, 500KHz)

販売価格 : 13,376 円(税込)

CPS-PWD-30AW24-01

CONPROSYSシリーズ用オプション電源

販売価格 : 11,286 円(税込)

CPSN-AI-2408LI

nanoシリーズ アナログ入力(8ch、24bit)

販売価格 : 20,691 円(税込)

CPSN-DI-16BCL

nanoシリーズ デジタル入力(16ch, 電流シンク/ソース

販売価格 : 10,241 円(税込)

このページのトップへ